家を建てる際にはこの保険が重要|瑕疵の保険に入ろう

ファミリー

自転車に乗る場合の保険

女性

最近人気のある保険として自転車保険があります。中学生や高校生は通学で自転車を利用していることが多いため、事故に巻き込まれて加害者になることがあります。それぞれのプランを比較する場合には、特に個人賠償責任についてチェックすることが大切です。

海外旅行時の保険

お金

旅行代理店を通さずに海外旅行をする場合には、ネットで簡単に契約できて格安の海外旅行保険がおすすめです。また、この保険は海外で怪我や病気になった時に、日本語でサポートしてくれる体制が整っていて、お金を払うことなく治療が受けられます。

いざに対応

説明

海外旅行保険は海外で万が一、医療機関にかかった時に費用を負担してもらうことができる保険です。1日単位で保険に入ることができ、旅行に出発する前であれば当日でも保険に加入をすることができるものが多いです。

安心して家を購入できる

義務付けられた保険

説明

中古でも新築でも、家を買う時に見えないところで重大な部分が基準を満たしていなかったら困ります。その時に保証してくれるのが、住宅瑕疵保険です。これは家を買う人が入る保険ではありません。家を建てる側が入ることが義務付けられている保険です。平成21年に住宅瑕疵担保履行法が施行され、住宅を建てる会社や売り主がこの保険に入ることになりました。瑕疵とは欠陥のことです。もし家が構造上の基準を満たしていなかったり、雨などが入らないようになっていなかったりしたら、住宅瑕疵保険で保障を得ることができます。保証の期間は10年間で、仮に売主や住宅会社が倒産した場合でも、購入者が保険を請求することもできるので、安心です。

家を建てる前に確認

法律で決められているので、住宅瑕疵保険にはどの販売会社も入っているはずです。新築住宅を考えている場合は念のため確認します。売買契約書には必ず記載されていますし、売主は保険について説明する義務があります。売主が倒産していて、欠陥がわかった時は売買契約書を見て直接請求することになります。新築の場合は法律で守られていますが、中古の住宅やリフォームした場合は残念ながら、法律で守られてはいません。しかし中古住宅用やリフォーム用の保険もありますので、中古住宅の購入や、リフォーム会社を決めるときは、販売会社が保険に加入しているかで選ぶことができます。保険の対象は基本的に構造部分と雨水の侵入防止です。中古やリフォームは配管なども補償の対象になっている場合もあるので確認します。